「HTTPS」化

サイフにやさしいSSL証明書

最近、URLの始まりが「https:」になっているウェブサイトが増えてきました。近い将来、ほぼすべてのウェブサイトが「HTTPS」になると言われています。「HTTP」と「HTTPS」の違いは、前者が「メッセージをそのまま送受信するサイト」であり、後者が「メッセージを暗号化して送受信するサイト」であるということです。

個人情報などを送信した際、もし途中で第三者に傍受されたとしても、暗号化された解読不可能なデータの状態で傍受されるのが「HTTPS」サイトの特徴です。つまりとてもセキュリティ面で強固なのが「HTTPS」のメリットとなります。

ウェブサイトをHTTPS化するには、「SSL」または「TLS」をサーバーに実装する必要があります。これは一般の消費者(サイト閲覧者)ではなく、サイト運営者側の作業です。つまりサイト閲覧者側は、とくに何かの作業をする必要はありません。今見ているサイトのURLが「https:」で始まっているかどうかを確認するくらいです。

ではサイト運営者側は、どのようにしてSSLを導入すればよいのでしょうか。エスロジカルの「サイフにやさしいSSL証明書」というサイトを開いてみてください。ここを見てみれば、SSLというのがどういうものか、だいたいわかると思います。

「サイフにやさしいSSL証明書」は、その名前の通り格安なSSL証明書を販売しています。おサイフと相談しつつ、自社のウェブサイトに最適なSSL証明書を選びましょう。